トップ > アート > 加山又造の世界
  • 次へ
  • 前へ

加山又造の世界

加山又造画伯ゆかりの方々のインタビューを交え、多岐にわたる加山芸術の真髄に迫る。

  • 加山又造の世界

    • 個人価格 3,086円 (税込)個人で購入
    • 法人価格 16,200円 (税込)法人で購入
    時間
    約80分(本編52分/特典映像28分)

    内容

    画家への一歩  -あらたな時代の様式化をめざす-
    「原始時代」「月と犀」「月と縞馬」「悲しき鹿」「迷える鹿」「狼」「冬」「動物園キリン」「黒い鳥」「紅鶴」「月と駱駝」「冬」
    時間と空間を超えて  -日本の伝統美と大画面-
    「火の島」「華扇屏風」「春秋波濤」「雪月花」「千羽鶴」「風」「夜桜」「雪」「月」「花」
    線描の裸婦たち  -永遠のエロティシズム-
    「白い薔薇の裸婦」「黒い薔薇の裸婦」「はなびら」他
    水墨への挑戦  -色彩を超えた色-
    「月光波濤」「墨龍」「雲龍図」「龍図」「水墨山水図」他
    広がる美の世界  -煌きの時を求めて-
    ジュエリー作品 「はなびらネックレス」「流水アームレット」「はぎ指輪」他
    着物絵付け作品「銀色摺箔波文振袖」「繻子地墨牡丹文振袖」他
    陶器作品「鉄赤絵金銀彩白牡丹文大鉢」「金銀彩撫子文茶椀」「鉄赤絵白梅文大鉢」「志野桔梗文湯呑」他
    京に眠る  ―コンチキチンが響くまち―
    作品 祇園祭山鉾南観音山見送り「龍王渡海」 他

    ※展覧会出品以外の作品も含め、約70作品を紹介。

    特典映像(28分)

    「墨龍」 (1986年制作・35mmフィルム作品・28分)

    身延山久遠寺は、日蓮上人700年遠忌を記念し、本堂天井画制作を加山画伯に依頼した。
    画家は、墨龍を描くためにスプレーによるたらしこみと洗い出しという斬新な技法を用いる。120㎡という巨大な金箔地に、琳派を思わす波、雲、そして龍そのものが姿を現わしていく。身延の四季を織り交ぜながら、作品が完成するまでの道程を画家自身の言葉を交えて紹介する。

PAGE TOP