トップ > アート > オルセー美術館展2010「ポスト印象派」
  • 次へ
  • 前へ

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」

モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンをはじめ、ポスト印象派の画家たちの活躍を時代背景、流行、同時代の芸術の動向などとともに紹介します。

登場作品 全84点

  • オルセー美術館展2010「ポスト印象派」

    • 個人価格 3,086円 (税込)個人で購入
    • 法人価格 16,200円 (税込)法人で購入
    時間
    74分

    内容

    第1章 1886年―最後の印象派
    モネ「日傘の女性」「睡蓮の池、緑のハーモニー」「ロンドン国会議事堂、霧の中に差す陽光」
    シスレー「モレの橋」ドガ「階段を上がる踊り子」など
    第2章 スーラと新印象派主義
    スーラ「ポール=アン=ベッサンの外港、満潮」「ポーズする女、正面」
    シニャック「マルセイユ港の入り口」ピサロ「白い霜、焚き火をする若い農婦」など
    第3章 セザンヌとセザンヌ主義
    セザンヌ「セザンヌ夫人」「台所のテーブル(篭のある静物)」「サント=ヴィクトワール山」「水浴の男たち」「たまねぎのある静物」など
    第4章 トゥールーズ=ロートレック
    ロートレック「黒いボアの女」「女道化師シャ=ユ=カオ」「赤毛の女(化粧)」
    第5章 ゴッホとゴーギャン
    ゴッホ「自画像」「星降る夜」「アルルのゴッホの寝室」
    ゴーギャン「《黄色いキリスト》のある自画像」「タヒチの女たち」「ブルターニュの農婦たち」など
    第6章 ポン=タヴェン派
    ベルナール「水浴の女たちと赤い雌牛」「愛の森のマドレーヌ(画家の妹)」「日傘を持つブルターニュの女たち」セリュジエ「花ざかりの柵、ル・ブルデュ」など
    第7章 ナビ派
    セリュジエ「護符(タリスマン)、愛の森を流れるアヴェン川」
    ドニ「木々の中の行列(緑の木立)」ヴュイヤール「緑色の帽子の女」
    ボナール「格子柄のブラウス(20歳のクロード・テラス夫人)」など
    第8章 内面への眼差し
    モロー「オルフェウス」シャヴァンヌ「貧しき漁夫」ルドン「目を閉じて」
    ヴュイヤール「ベッドにて」ボナール「男と女」ドニ「ランプの傍らの娘たち」など
    第9章 アンリ・ルソー
    「戦争」「蛇使いの女」
    第10章 装飾の勝利
    ドニ「若い娘の寝室のためのパネル、9月の宵」
    ヴュイヤール「公園 子守、会話、赤い日傘」「公園 戯れる少女たち」「公園 質問」
    ボナール「装飾パネル、悦び」など

PAGE TOP