トップ > アート > 蒟醤-山下義人のわざ-
  • 次へ

蒟醤-山下義人のわざ-

漆芸作家・山下義人は、江戸時代から漆工芸が盛んな四国・香川県の高松市で昭和26年に生まれた。
漆との出合いは、重要無形文化財「蒟醤」の保持者・磯井正美と、同じく重要無形文化財「蒔絵」の保持者・田口善国を師匠に漆芸を学んだところから始まった。
およそ200年の伝統を誇る蒟醤のわざを継承する山下義人の新作「黎明」蒟醤箱。白木地の箱に、漆で塗りを繰り返し、蒟醤剣でイメージを彫り、色漆による色埋めを何十回も重ね、研ぎを繰り返した。

  • 蒟醤-山下義人のわざ-

    • 個人価格 11,000円 (税込)個人で購入
    • 法人価格 33,000円 (税込)法人で購入
    時間
    35分
    製作
    2021年・カラー・35mm・日本語・英語

PAGE TOP